古着屋の魅力って何?

若い世代を中心にかわいいと話題の古着の魅力をご紹介

この記事をシェアする

今流行りの「古着屋」の特徴や魅力についてご紹介します

いまさら聞けない疑問、古着って何?

まず、古着とは大きく2種類に分けられます。

一つは「ユーズド物」と呼ばれる、ブランドの中古品です。有名どころでは、KindやRAGTAGがこちらに含まれます。
こちらはブランドの中古品ということもあり、安く買うことができます。

もう一つが、「ヴィンテージ物」です。これは、数十年前から着られていた服や装飾品のことを指しています。
こちらのほうが、「古着」としてイメージされる方が多いかもしれませんね。
ヴィンテージ物はお店のバイヤーさんが直接海外に出向いて商品を用意していることが圧倒的に多いです。
比較的高額なものは、手に入れる難しさに理由があったのですね。

あなたがどちらの古着が欲しいのか、検索したり、ショップで店員さんに実際に聞いてみたりするときにぜひ参考にしてくださいね。

古着の魅力

古着には、新品や量産品にはない深みがありますよね。

ここでは、古着の魅力についてご紹介していきます。

まずは、なんといっても古着は一点ものであることです。
例えば、セールなどである商品が最後のひとつになったときです。
「この機会を逃したらもう出会えないかもしれない…!」そんな思いに駆られて、ついついその商品を購入してしまった経験がある方も多いはずです。

それが古着ではほとんどが「最後のひとつ」なのです。

ここが古着好きの心をつかんで離さないポイントでもあります。

次に、先ほどもご紹介した「ユーズド物」があることです。高くて手が出せないブランド物でも、古着でなら通常の価格よりも手に入れやすくなるということも、古着の魅力の一つと言えます。